お金の話

【お金の話㉕】消費税は増税ばかりで減税することはできないの?

こんにちは、そしてこんばんは もぐすけです。

先日、このようなニュースが報道されました。

自民党役員連絡会で23日、新型コロナウイルスの景気対策として消費税減税の是非が議論になった。
出席者によると、西田昌司参院国対委員長代行が税率を実質8%に引き下げるよう主張
これに対し、稲田朋美幹事長代行が「無責任だ。将来に付けを回すべきでない」と反論した。
岸田文雄政調会長が「意見が交錯している。年末に向け引き続き議論したい」と引き取った。
消費税減税は西田氏の持論。
党内若手らにも期待する声がある。
一方、甘利明税制調査会長は否定的な見解を示している。
【出典:2020/6/23共同通信より】

2020年の年明けから猛威を振るっている[新型コロナウイルス]の影響で大ダメージを受けている経済を救うため、ようやくこのような話題が出てきました。

ということで今回は

消費税の減税なんて本当にできるの?
また自民党のパフォーマンスなんじゃないの??

というギモンについて考察していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

ちなみに消費税の引き下げを主張している【西田昌司】議員は、2020年10月に消費税を増税した影響やコロナ禍による不況が見えはじめた2020年3月頃から【消費税ゼロ】を提言していた議員です。

今回もそれを貫いて主張してほしかったところですが、まぁ、いきなりそんな提言をしても相手にしてもらえないだろうから、とりあえず現実的な数字からにしたのでしょうね。

【西田昌司チャンネル(YouTube)より】

消費税の減税はできないの?

〇 5%→10%への増税分のうち、少なくとも半分程度は減税が【可能】だと考えられる

〇 だが、財務省は絶対にやりたくない】と考えているので難しい

〇 政府や国会議員も財務省から説明されている【減税ができない理屈】を聞いているので、減税は難しいと思っている

なぜ消費税は5%→10%に増税となったのか?

政府が消費税を【10%】に増税した目的は、半分が【社会保障の充実】、もう半分は

【政府の借金を返すお金に利用するため】

が目的で、決して全額を社会保障の充実に使う目的ではなかった

まずは、なぜ消費税が5%→10%】へ増税されたのかを確認しておきましょう。

2014年に消費税が5%→8%に増税された際に、このようなポスターを見たことはありませんか?

これは政府が[増税]の言い訳のために[税金]を使って街のあちこちに貼っていたポスターです^^;

デカデカと

【消費税率の引き上げ分は、全額、社会保障の充実と安定化に使われます】

と、いかにも【消費税の増税はやむを得ないことなんだ】とアピールするかのように書かれていますね。

当時、ニュースでもしつこいくらいに報道されていたので、私も仕方ないんだと真に受けていました。

もしかしたら、あなたもそう思っていませんでしたか?

 

しかし・・・これは真っ赤なウソでした。

というと少し言いすぎですが

【ヘ理屈をこねて増税分の大半を政府の借金返済に使っていた】

というのが正確なところです。

説明できる資料を探すのが本当に苦労したんですが、次の図をご覧ください。

【出典:政府広報 平成29年3月31日更新版】

パッと見だと増税分を全額社会保障に使うように見えますが、黒枠の【7.3兆円】の部分に注目してみると

【安定的な制度を構築するため、将来世代につけ回す借金を軽減します】

と書いてあります。

もっともらしく書いてありますが、要するに増税分【14兆円】のうち半分以上は

【単なる借金の返済分】

ということです。

つまり、増税分の半分以上は財務省が目指している

【政府の収支の黒字化

に利用されることになるんですね(-_-)

 

でも、これでも減ったほうなんですよ(笑)

なんせ当初は

【増税分の80%を借金の返済分】

とする予定だったのですから。

 

これを説明する資料を探すのはもっと苦労しましたよ^^;

おかげで今までのように1日でブログを書くことができなかったし(笑)

国会の書類なのでちょっと小難しいですが、まずはこちらをご覧ください。

 

 

赤枠の部分だけ見てもらえればOKです。

これは当時民主党だった【山井和則】議員から【政府】へ、消費税増税分のどれくらいを【社会保障の充実】に使うのかを質問した書類です([質問主意書]といいます)。

これに対する政府の回答がこちらです。

 

 

これもとりあえず赤枠のとこだけ見てください。

政府からの回答では【8%増税時は2割弱】【10%増税時は2割程度】を社会保障の充実に使うと言っています。おいおい^^;

つまり、残りの8割は【借金の返済】に使う予定ということでした。

2018年に使途が見直されて先ほどの【5割】となったものの、それでも

【借金返済のための増税】

が目的だったと言ってもよいと思います。

言いすぎかと思ったけど、やっぱり【大ウソつき】でしたね!

消費税の減税はムリなのか?

〇 減税自体は【可能】だと考えられる

〇 5%→10%へ増税分の約半分は【政府の借金返済に利用するお金】なので、少なくとも借金返済分を国債の借換えなどで対応することはできる

政府、財務省、そしてマスコミの巧みな世論誘導により、多くの国民は

社会保障を崩壊させないためにも消費税の増税は仕方がない
高齢化で社会保障費は増える一方だし、国の借金が1,000兆円もあるから消費税が減税になることはない
消費税減税なんて言っている議員や専門家は単なるパフォーマンスだ

という考え方が【常識】となってしまっているように感じます。

実際、私もそう考える1人だったので。

 

しかし、現実は消費税増税分の半分以上が政府の借金を返済するために利用されるだけなので、少なくともこの分は減税したってなんとでもなると私は考えます

さらに2020年のコロナ禍のように経済が危機に瀕している状況なら、1年~2年程度であれば【消費税ゼロ】にしても問題ないと思います。

そしたら政府が借金返済できないし、社会保障も崩壊するかもしれないだろ!

と思いますよね。

 

その解決方法は簡単で

【不足分の国債を発行】

すればいいだけです。

メチャクチャな方法に聞こえると思いますが、少なくとも2020年時点の日本ならば、消費税減税分を国債で補填しても財政が破綻する心配はありません

詳しい理由は過去のブログでも解説していますが、現在の政府の借金はほとんど全額が【円】での借金です。

一方で日本政府には【円】を作る力を持っているので、【国債】を発行して【円】を作り、借金を借換えすることが可能です。

もちろんやりすぎると【インフレーション】を誘発する可能性がありますが、仮に増税分のうち政府の借金返済に利用する【7兆円分(2.5%相当)】を減税し、その分を国債で補填したところで極端なインフレが起きる可能性はごくわずかです

【お金の話⑰】国債とは?借金が増えても日本は破産しないの?今回は、国が予算を準備するときに切っても切り離せない「国債」について、日本の国債を例にわかりやすくざっくり解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。...
【お金の話⑨】国の借金(国債)は国民の借金ではない理由(財務省とマスコミに騙されないで!)2020年5月8日に報道された「国の借金が1,114兆5,400億円となり過去最大を更新。国民1人当たりの借金は約885万円となった」という記事について、なぜこの報道が誤っているのかというのを解説します...

また、消費税を減税すると消費が活性化されやすくなるので景気が上向き、所得税や法人税などの他の税金が増えることが期待できるので、その分で補てんすることもできます

 

このように消費税を【減税】することは可能だと考えられるのですが、それを絶対に許さない人たちがいます。

それが【財務省】【財務省の味方をしている国会議員】です。

なぜ財務省は消費税の減税を許さないのか?

〇 財務省が消費税の減税を絶対に許さない理由は

【国債残高を0にする】

【政府の収支を黒字化する】

を達成したいから

冒頭にご紹介したニュースで、西田議員の主張に対して稲田朋美幹事長代行が

【(消費税の減税をするのは)無責任だ。将来に付けを回すべきでない】

と反論していますが、まさにこれが財務省の主張そのものであり、消費税の減税を決して許さない理由だと思います。

なぜなら財務省は【財務省設置法】という法律で決められている【健全な財政の確保】という任務を絶対的な正義としています。

つまり財務省は、日本の景気が良かろうが悪かろうが1日も早く

【国債残高を0にする】

【政府の収支を黒字化する】

というのを目標にしているので、財務省の職員は自分の出世のためにそれを達成しようと全力で頑張っています。

そのため、国会議員にも積極的に【消費税を増税する必要性】【減税の危険性】を説得して回り、ヘタなことを言わせないように動き回っています。

なので西田議員のような主張をされると、財務省にとっては本当に邪魔くさいと思いますよ。

 

ここでちょっと余談となりますが、稲田朋美幹事長代行が言っている

【(消費税を減税するのは)無責任だ。将来に付けを回すべきでない】

というのが本当にそうなのかを考えてみたいと思います。

【稲田幹事長代行(財務省?)の主張】

① 消費税を減税する

② 不足分を国債で補てんする

③ 国債残高が増える【将来へのツケ】・・・【財務省の目標が…】

④ 将来の政府(国民)の負担が重くなる・・・【財務省の目標が…】

そんなことは許されない!!

という主張なのだと思います。

これはこれでわからなくもないのですが、 一方で私が考えているのは

【もぐすけの考え】

① 消費税を減税しない

② 景気が悪化したまま回復しない

③ 国民の消費が冷え込む

④ 業績悪化で企業の倒産、個人事業主の廃業

⑤ 雇用がなくなる【将来へのツケ】

⑥ 将来の国民の働き口がなくなる

そんなことは許されない!!

と考えています。

国の財政も大事なことですが、基盤となる日本経済が良くなければ本末転倒じゃないかと思います。

余談が長くなりましたが、あなたはどう思いましたか?

さいごに

今回は私の意見がかなり入ってしまったので、共感できない部分もあったかもしれません。

私の意見が絶対に正しいとも思っていませんが、少なくともこの記事を書いている2020年は、コロナ禍の影響で日本経済が今までにないダメージを受けています。

倒産や失業者もどんどん増加してくることがほぼ確実だと思います。

政府では【持続化給付金】【国民への10万円の給付金】などの経済支援を行っていますが、それが特効薬になるとも思えません。

税金は【景気の調整弁】の役割も持っています。

こういう時にこそ、消費税にその役割を果たしてもらいたいんですよね・・・

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

今回の話題はたくさんのご意見を聞きながら勉強したいと思っていますので、よろしければコメントもお待ちしています^^

ABOUT ME
もぐすけ
元地方公務員&投資診断士の脱サラ中年 「もぐすけ」です。 誰もが思いそうな素朴な疑問 (略して「そぼぎ」) について情報発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA