お金の話

【お金の話⑦】投資に特化した新たな資格「投資診断士」ってなに?

このブログは

投資の知識を身につけるには、どうしたらよいだろう?
「投資診断士」ってなんだろう?

というギモンの解決に役立つと思います

はじめに

お金に関係する資格といえば「税理士」や「公認会計士」そして「ファイナンシャルプランナー」などが有名だと思います

今回は、そのようなお金に関係する資格のうち、「投資」の知識に特化した資格となっている「投資診断士」についてご紹介します

投資診断士とは?

投資診断士とは?

「投資診断士」とは、2018年に設立された「一般社団法人 投資診断協会」が実施する民間の資格です

数ある金融系の資格のなかでも「投資」の内容に特化しており、2019年3月に第1回の試験が行われました

投資を検討していても踏み出せる知識がなかったり、銀行や保険会社などに勧誘されるがままに投資をして後悔している方などに対し、投資についてのアドバイスをしていくのが主な目的です

「NISA」や「つみたてNISA」「暗号通貨」などの新たに生まれる投資方法の知識を得ることにより、自分の仕事や投資にも活かすことができます

投資診断士のメリットは?

投資診断士(R)を取得すると、次のメリットや特典があります。

営業力のアップ(名刺などに正式なロゴを掲載できる)

マネーリテラシー(金融に関する知識や判断力)が向上する

金融庁関連の情報や金融リテラシー向上のための情報など、有益なメールが毎月2回配信される

投資診断協会が主催するセミナーに参加することができ、交流会なども開催される予定

営業の際に役立つ「統計数値やグラフデータ」「説明資料のテンプレートデータ」などのツールが提供される

国内最大の金融メディア「ZUUonline」(4,980円/月)が無料で読み放題

【出典:(一社)投資診断協会】

投資診断士(R)のデメリットは?

実際に投資診断士に申し込んでみて感じたデメリットもいくつかありましたので、個人的な主観ですがご紹介します

研修受講料と資格試験料がセットになっているため、試験だけを受けるという選択肢がない

→ 独学によって費用を安くできない

資格更新料として、2年ごとに2万円が必要(個人的にこれが痛い・・・)

受験資格・費用は?

受験資格はありません

金融関係の仕事をされていたり、金融系の仕事を目指している方、投資に関する知識を深めたいと思っている方など、誰でも受験することができます

試験会場や合格ラインは?

試験会場などは以下のとおりで、2パターンの試験方式があります

【テストセンター(CBT)方式】

全国260ヵ所のテストセンターで実施(パソコンで試験を受ける)

試験会場一覧はこちら

【集合試験(マークシート方式)】

東京都、北海道(札幌市)、愛知県(名古屋市)、大阪府(大阪市)、福岡県(福岡市)の5会場(2020年10月現在)

〇 試験時間:60分

〇 問題:60問(選択式)

〇 合格ライン:60点以上(100点満点)

申し込み方法は?

【一般社団法人 投資診断協会】のWEBサイトから申し込むことができます

申し込みの際は受講料47,300円(研修受講料33,000円、資格試験料10,000円+消費税)を、クレジットカードまたは銀行振込で支払います

学習方法は?

申し込み後、1週間程度で教材などが届きますので、テキストや動画に沿って学習していきます

私のケースでは、2019年8月27日に申し込みを行い、8月30日に教材が届きました。

〇 送付されてくる物

送付案内、受験票

領収書

投資診断士規約

誓約書(試験日に提出)

研修テキスト

研修動画のID+PASS

→ 動画は専用のwebサイトで視聴します(スマホ、タブレットでも視聴可能)

学習内容は?

研修テキスト(2019年版)は全141ページとなっており、次の内容で構成されています。

第1章 投資診断協会 基本理念

第2章 投資に関する基礎知識(経済、金融市場、金利に関する基礎知識など)

第3章 投資商品について(株式投資、債券、投資信託、不動産、生命保険など)

第4章 制度投資(iDeCo、NISAなど)

第5章 投資商品の選び方(ポートフォリオ理論など)

第6章 投資診断士(R)とは

動画は専用のWEBサイトで視聴し、テキストに沿った順番で講師が説明する流れです

進捗状況も記録されていきますので、どこまで見たのかを忘れてしまう心配はありません

学習してみた感想は?

動画の時間は「約6時間」となっていますが、金融知識ゼロからのスタートだったので、用語や投資商品の詳しい内容などを調べる時間と合わせて「10時間」ほどかかりました

全体的な内容としては、「金融市場や金融政策に関する基礎知識」から始まり、投資商品の概要やメリット・デメリットの学習が中心です

金融系のお仕事をしていて、ファイナンシャルプランナー3級の資格が取れるくらいの知識がある方にとっては、難なく理解できる内容だと思います

まとめ

「投資診断士」は生まれたばかりの資格なので、他の金融系の資格と比べて世に知られていない資格だと思います

ですが資産運用には必須の知識であり、金融のお仕事をされている方にとっても日々の営業の補助になるはずです

また、私のようなシロウトでも十分理解できる内容となっていますので、これから投資の基礎知識を身につけ、投資を始めてみたいのでしたら有益な資格になると思います

それではまた

ABOUT ME
もぐすけ
元地方公務員の脱サラ中年「もぐすけ」です。 誰もが思いそうな素朴な疑問(略して「そぼぎ」)について情報発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA