両学長の動画紹介

iDeCo&つみたてNISAの見直しチェックポイント5選【3分で読める両学長動画 #9】

今回は2020年11月4日(水)の両学長(リベラルアーツ大学)の動画を3分で読めるように解説します

テーマは「iDeCo&つみたてNISAの見直しポイント」です

「動画を見る時間がないけどポイントは知りたい」

「動画を見た後のおさらい」

などのお役に立てば幸いです

テーマ ~iDeCo&つみたてNISAの見直しチェックポイント5選~

【オススメファンド20本も紹介】iDeCo&つみたてNISAの見直しチェックポイント5選【株式投資編】

視聴者からの質問&両学長の答え

2019年末に楽天証券で口座を開設して

「iDeCo(月額23,000円=年額276,000円)」

「つみたてNISA(年額400,000円)」

の2つで資産運用を始めました(100%米国株ファンド)

 

約1年間、完全に放置して順調に資産が増えているのですが

「このままで良いのかな?」「何かしないといけないかな?」

という気持ちがあります

 

iDeCoやつみたてNISAのスタート方法はよく見かけますが、スタート後のメンテナンスの情報はあまり見かけません

両学長に解説していただきたいです

iDeCo&つみたてNISAの「見直し・チェックポイント5選」を紹介します

投資目的の再確認

現状成績の確認

増減要因の分析

資産配分の再確認

今後の購入ファンドを検討

今回の内容は

思ったように資産が増えていかない

新しいファンドに目移りしちゃう

資産は増えているはずだが物足りない

暴落に怯えている

といったお悩みの解決に役立てば幸いです

見直し・チェックポイントの解説

① 投資目的の再確認

iDeCoの引き出しは原則60歳から

つみたてNISAの非課税期間は20年間

となっているため、基本的には「老後資金を作るため」に最適な投資法です

逆に「短期・中期的に目的を達成したい」という場合には不向きな投資法です

もしその場合は「投資の目的」を再確認し、違う投資法を考える必要があります

② 現状成績の確認

一般的なチェックポイントとしては

利回りはどれくらいか?

ですが、前半戦(1~5年目くらい)は「種まき期間」のようなものなので、あまり気にする必要はありません

大切なこと

今の「利回り」に自分がどう感じているか?

ファンドの「目論見書」を確認し、その年の成績が目論見書に書いてある「幅」の範囲内に入っているかを確認する

自分の「想定内」の投資になっているかを確認しておくことが重要

 

【比較表の例】

③ 増減要因の分析

「② 現状成績の確認」が終わったら、次は「増減理由」を自分なりに分析してみましょう

目的と方法

目的:自分の長期投資の「前提」が崩れていないかを確認するため

「米国は10年、20年後も世界経済をリードしているはず」など、自分の中で想定していた「投資の前提」が崩れていないかを再確認する(数ヵ月に1回でOK)

【分析方法】

① 自分が投資しているファンドの利回りを確認

② 増減の理由を自分なりに書き出してみる

③ それが「短期的」または「長期的」な影響なのかを分類して考えてみる

→「短期的な影響」の場合は無視してOK

もともと投資の世界に正解はありませんので、「正解」を考えようとするのではなく、「自分なりの考え」を持つようにすることが目的です

④ 資産配分の再確認

「③ 増減要因の分析」の次は、「資産配分=アセットアロケーション」を見直してみましょう

長期投資をするうえでの最重要ポイント

アセットアロケーションって?

・国内債券:30%

・国内株式:30%

・外国債券:20%

・外国株式:20%

のような、資産の種類ごとの投資割合を決めること

そして、自分で決めた「アセットアロケーション」に合うようにファンドを選んで組み立てたものが「ポートフォリオ」です

【出典:The Motley Fool】

 

「iDeCo」や「つみたてNISA」を始めるときに検討した「アセットアロケーション」を再確認し、リスクのとり方を見直してみましょう

→ 資産運用の心臓部になるのが「株式への投資割合」です

【見直しの例】

ちょっとリスクをとりすぎたかも・・・

株の割合を減らして債券を増やす

 

まだまだリスクをとって大丈夫かも

債権の割合を減らして株を増やす

「リスクを減らすべきタイミング」

想定以上の値上がりをしてしまったときも、見直すタイミングです

想定以上の値上がりも「リスク」なので、逆に言うと「想定以上に値下がりする可能性もある」という裏返しです

ファンドの値動きだけではなく、生活状況の変化も考えながら「心地よいアセットアロケーション」に調整していきましょう

「両学長の個人的な意見」

20代~40代前半の人なら、iDeCoやつみたてNISAは「株式100%」で保有し、リスクは「円預金」を厚く持つことでバランスを取る方法が手堅いと思います

⑤ 今後の購入ファンドを検討

アセットアロケーションの再確認が終わったら、それに合うようにファンドを売買して調整していきます

iDeCoやつみたてNISAを始めたばかりなら

売って調整するより

今後の購入ファンドで調整する

ほうがラクかもしれません

※ 動画では「両学長がオススメするファンド20選」も紹介されていますが、ここでは割愛します

おわりに

今回は「iDeCo」と「つみたてNISA」の運用チェックのお話でしたが、あなたは見直しをされていますか?

私は2019年9月からつみたてNISAを始めましたが、流行り病で暴落した時に見直しただけでした(結果的に方針は変えませんでしたが…)

今回紹介したメンテナンスを怠ってしまうと、長期の航海中に「難破や遭難」をする原因となってしまいますので、定期的にチェックしていきましょう

とは言っても、あまり頻繁に方針を変えると行き先がブレブレになるので、例えば「3ヵ月に1回」や「大きな暴落(高騰)」があった時など、タイミングをみて見直しをするのがベストだと思います

もし「増減要因の分析方法がわからない」のでしたら、ファンドが定期的に「運用報告書」や「月次レポート」を公表していますので、それを見るだけでも全体的な状況がつかめると思います

 

【過去のオススメ動画】

この動画では、長期投資に最適といわれている「インデックス投資」の問題点について解説していますので、見直しの際に参考になると思います

それではまた

ABOUT ME
もぐすけ
元地方公務員の脱サラ中年「もぐすけ」です。 誰もが思いそうな素朴な疑問(略して「そぼぎ」)について情報発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA