公務員の話

【実際はどうなの?】お辞儀ハンコとは?官公庁では習慣化されているの?(元地方公務員が解説)

今回のテーマは次の記事を引用させていただきます

「官公庁から要望が・・・」シヤチハタ語る電子でも「お辞儀ハンコ」継続の理由

’20年11月に河野太郎行政改革担当大臣が“行政手続きにおける認印の押印を全廃する”と発表してから8カ月。実際に改革は進んでいるようで、ある官公庁職員は「最近は河野行革相の下、ハンコ手続きは全省的にかなり減った印象があります」と語る。

脱ハンコの流れが加速する中、注目を集めているのがデジタル端末上で押印可能な電子印鑑。「パソコンで作った書類をわざわざ出力してハンコを押す」「リモートワークなのに印鑑を押すためだけに出社する」などの手間がなくなると評判だ。

しかし効率的な電子印鑑でも驚きの“謎マナー”が残っているという。それは「お辞儀ハンコ」だ。 お辞儀ハンコとは、稟議書のように社内で複数人の承認が必要な書類で、“部下が上司にお辞儀をしているよう「左斜めに傾けて」ハンコを押す”というもの。主に金融業界や官公庁などで見られる商習慣だ。

都市伝説かと思いきや、20代のメガバンク職員は「新人研修の時に、傾けて押すように習いました。今もハンコを押す際は傾けて押しています」と語る。 電子印鑑でも、この“お辞儀マナー”が生き残っているというのだ。

SNS上で話題になったのは、電子印鑑を利用して、従来紙で行っていた稟議書や見積書などの押印処理をデジタル化できる、シヤチハタ株式会社の電子決裁サービス「Shachihata Cloud(シヤチハタクラウド)」。このサービスではハンコを押す角度を0~360度まで自由に変えることができる。

【2021年7月14日付け YAHOO!ニュース(女性自身)から一部抜粋】

おそらく金融業界や官公庁以外にお勤めでしたら「まだこんなことやってるの!?」という衝撃を受けたのではないでしょうか

そこで今回は、主にこれから公務員を目指している方に向けて「官公庁の決裁では本当にお辞儀ハンコをしているのか?」というギモンについて、私の経験をもとに解説していきます

※ 北海道庁に勤めていたときの話なのでご了承ください

お辞儀ハンコとは?

お辞儀ハンコとは

決定書や稟議書の承認を上司からもらう際、このように決定権を持つ役職の人へハンコを左斜めに向けて押し、「部下が上司にお辞儀をしている」ようにすることです

ウソのような気持ちの悪い文化に感じるかもしれませんが、主に上下関係が厳しい金融業界や官公庁では今もなお残っている慣習です

さらに厳しい職場では「上司より大きいハンコを使ってはならない」という文化まであるそうです

悪いとまでは言いませんが、「どんな時でも上司を敬うべし」という縦社会の考え方が生んだ珍文化といえるのではないでしょうか

官公庁ではお辞儀ハンコが普通なの?

少なくとも私が勤めていた職場では「お辞儀ハンコ」という文化はありませんでした

17年間でさまざまな職場を転々としましたが、この珍マナーに遭遇したことは一度もありません

当時からお辞儀ハンコのマナーを知っていたので、とある決裁を作ったときに係長を巻き込んでお辞儀ハンコをやってみたところ、課長から「ハンコで遊ぶな!」とツッコまれたこともあります

他の役所の人と会議をしたときにも聞いてみたことがありますが、お辞儀ハンコをしているという役所はありませんでした

よほど縦社会が強い役所や霞が関の省庁などではお辞儀ハンコの文化があるかもしれませんが、地方の役所ではほとんど残っていない文化だと思います

開示請求があれば住民の方へ見せる公文書にお辞儀ハンコなんてやってたら、何も知らない住民の方が見たときに「ハンコが曲がっているだらしない文書」としか思われません

ハンコを逆さに押されることはあるの?

上司が承認する決裁のなかには

「自分は納得いかないけど法的に正しいので承認しなければならない決裁」

「気に入らない部下の決裁だけど間違ってないから承認しなければならない」

などのケースが多数存在します

その場合でも上司は「大人」なのでフツーにハンコを押して返してくれる人が99%ですが、なかにはハンコを逆さに押して”不本意”を主張する人も存在します

私も何度かそのような上司に遭遇したことがあります

担当者としては承認してもらえば何でもいいのですが、ちょっとだけ複雑な気持ちにもなります

さらに個性的な人になると、自分の納得度に応じて「実印>シャチハタ>三文判」を使い分けるという人もいました

お辞儀ハンコは使わないけど、こうした個性的なハンコの使い方をする人はどこの役所にも存在するのではと思います

おわりに

リモートワークや河野大臣による改革によって脱ハンコの流れが加速していますが、電子印鑑になっても”お辞儀ハンコ”が根強く残っているというのは驚きでした

公務員を目指していて「こんなくだらないことにエネルギーを使いたくない」と思われた方がいるかもしれませんが、私の知る限りではかなりの少数派なのであまり心配することはないと思いますよ

こういう時間と労力のムダにしかならない文化は1日も早く絶滅してほしいものです・・・

それではまた

ABOUT ME
もぐすけ
元地方公務員の脱サラ中年「もぐすけ」です。 誰もが思いそうな素朴な疑問(略して「そぼぎ」)について情報発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA