日常生活の話

【誕生日の雑談】誕生日って本当におめでたいのか?実はめでたくないかも・・・

もぐすけです

今日(2020年8月4日)で「レベル39」になってしまいました

このレベルになってくると、だんだん誕生日がおめでたくない感じがしてくるのですが、世間的には「誕生日はおめでたい」なんて言われてますよね

ということで今回は

「誕生日って本当におめでたいのか?」

というギモンについて考えてみたいと思います

なぜ誕生日はおめでたいのか?

身内や友達などから

今日は私の誕生日なんだよねー

と聞くと、無条件で

そうなんだ!おめでとー!!

と返すのがデフォルトだと思います

 

ですが、なぜ「誕生日=おめでたい」なのでしょうか?

こればかりは、いろいろリサーチしても明確な答えは見つかりませんでした

ネット上では

年に1度の特別な日だから

無事に1年を過ごすことができたから

生まれてきたことを両親に感謝する日

ケーキやおもちゃ会社の販売戦略

という理由が出てきました

 

私は子供の時にある人のセリフを聞いて以来、元旦や誕生日を心の底からおめでたいと思ったことが1度もありません

いちおう

誕生日おめでとう

と言われたら

もぐすけ
もぐすけ
どうもありがとう!

と 笑顔で返すようにしていましたが、おめでたいと思ったことはないです

そのように考えるきっかけとなったのは、「ある人のセリフ」がトラウマとなったのが原因で、今回はその言葉をご紹介したいと思います

誕生日は めでたくもあり、めでたくもなし

小学生のころ、学校に行く前に「一休さん」のアニメが放映されていて、毎日欠かさず見ていました

毎回、将軍様(足利義満)や桔梗屋(ききょうや)さんからの意地悪な難問に対して、とんちであざやかに返していくカワイイ一休さんですが、1度だけトラウマになった回がありました

細かい内容はここでは触れませんが、物語のラストのシーン、お正月で人々が浮かれている京の町中にしゃれこうべ(ガイコツ)を付けた杖を持って現れた一休さんが、こう言っていたのです

「元旦は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」

 

当時の私は意味がわからなかったので、一緒に見ていた婆ちゃんに意味を聞いたところ

「正月を迎えるということは、死へ一歩近づいたということ。そう考えると、めでたいようでもあり、めでたいともいえないよね」

という意味です

これを知ってからは、正月はもちろん、誕生日がおめでたいとは感じなくなりました

むしろ「みんな「死にたくない、死ぬのは怖い」と思っているはずなのに、なんで正月や誕生日をめでたいと思うんだろう?」

と 思っています

おわりに

無事に1年を過ごして誕生日を迎えることができたんだと考えれば「おめでたいこと」なのかなと思います

しかし、同時に「死へ一歩近づいた」こともしっかり認識しながら「毎日を全力で生きていきなさい」という一休さんからの教えなのかもしれませんね

それではまた!

ABOUT ME
もぐすけ
元地方公務員の脱サラ中年「もぐすけ」です。 誰もが思いそうな素朴な疑問(略して「そぼぎ」)について情報発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA